節約ブログ

節約はメリハリをつけた方が長続きします

日常生活では色々とお金がかかりますね。
節約してみたけれども、結局長続きしなくて失敗に終わってしまった人も多いはず。
原因は節約の仕方に原因があるかもしれません。

家計の収支は「固定費」と「変動費」に分けられますが、取り分け節約が難しのいは食費などの変動費ですね。
固定費は、生活スタイルや家族構成によっても変わってきますが、家賃の安い部屋を選んだり生命保険は必要なものだけ加入すればかなりの金額が節約できます。
ところが、変動費は生活習慣によって影響されることが多いですね。
例えば、外食が趣味であれば固定費を除いて一番お金が掛かるのは「食費」になります。
ところが、何でも節約してしまうと逆効果になってしまうかも。
なぜならば、リバウンドしてしまいしばらく使わないお金を引き出してしまうからです。
また、制約が多い生活を続けているとストレスの原因もなりかねません。
それが、貯金が中々できない原因の一つにあると思われますね。
せっかく貯金しても短期間でお金を引き出してしまったら預金残高が増えないのも明白です。
私も、お金を貯めたいと思いドケチ生活をした経験がありますが、失敗に終わってしまったことがあります。
節約はメリハリをつけた方が長続きします。
無理のない金額で、一定額を積立した方が預金残高が増えます。

節約のコツとしては、予算を決めて一つだけ使っても良い項目を作っておくと不思議とリバウンドはしません。
私は仕事柄、一日中外にいるので必然的に食費が掛かってしまいます。
体力も要るので、エネルギーの源である食は欠かせません。
しかし、衣類などは長く着続ける方なので、購入するのはシーズン毎と決めています。
項目によってメリハリをつけた家計管理をしています。

変動費の中でも、食費が節約効果が高いですが実際に行動に移すのは難しいもの。
特にアルコール類や外食が趣味であれば尚更。
また、食は健康な生活を送るためにも欠かせない要素なのでケチり過ぎるのも禁物です。
栄養が十分に摂れなくなり風邪などをひきやすくなってしまうからです。
さらに家族や友達とのコミュニケーションにも影響が出てしまう恐れも。
食費は限界以上に削るのではなく、小遣いを流用すると良いです。
小遣いは自由に使って良いお金なので、それを好きな分野に回すのです。
例えば、食費でお金を使う人は小遣いから流用することで解決できます。
メリハリをつけることで、節約も長続きしますし将来的に目標にしてる夢も実現できるようになります。

-節約ブログ
-,

Copyright© 日々新たに , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.