ミニマリスト

ミニマリストを実践しテレビも思い切って捨てました。

ミニマリストを実践しテレビも思い切って捨てました。

持たない暮らしのミニマリスト生活を知って、私も実践するようになりました。

部屋に物ばかり増えるのが、窮屈に感じてました。

・まずは「思い出の品」から

そこで、ミニマリストに少しでも近づけるように実践しました。

まずは「思い出の品」から、手をつけました。

流行りに遅れた洋服、着る機会の少なかったワンピースなど、タンスの肥やしになるばかりでした。

整理すると大量に出てきて、驚いてしまいました。

初めはもったいないと思い、なかなか片付きませんでしたが、 思い切って古着屋に売りました。

やってみると意外にスッキリして、スペース確保になり一石二鳥です。

・次は「もらいもの」

次にいつかのために置いていた粗品や、食器などの「もらいもの」を、片付けました。

これを機会に、不用意にもらわないようにしました。

ポイントでもらえる商品も、集めないことにしたら、気持ちも少し余裕が出てきました。

・「本」は古本屋さんに

「本」も場所をとるので、古本屋さんに持って行きました。

全部捨てるのではなく、本棚に入る分だけ厳選して入れています。

いざ読みたくなったら、もう一度買うか、図書館にいけばいいと思うと、案外売りに出せる物です。

「本は積もるほど、頭が固くなる」と何処かで聞いたことがあります。

思考を柔軟にするためにも、定期的に入れ替えるようになりました。

・「薬」と「化粧品サンプル」

「薬」も見直して良かったです。

薬は期限があるので、あまり古くなった物はそのまま捨てました。

また薬袋も何個もあってはややこしいので、種類ごとにボックスに小分けにするようにしています。

片付けてると、何個も同じ薬が少しずつ出てきて、随分と溜まっていました。

先生と相談して、余っている分のお薬を減らしてもらって、薬代も節約できます。

「化粧品のサンプル」も、旅行に行く時用にストックしてましたが、結局使わないままでした。

しかも、いつもらったのかわからないので、使いようもありません。

一度全部捨てて、次からもらった物は、早く使い切ることにしました。

ともかく、溜め込まないことを意識するようになりました。

・「テレビ」

最近、思い切ってなくしたのは「テレビ」です。

漠然と垂れ流しをしていて、時間を取ってしまうことが気になっていたので、思い切って捨てました。

今は、ニュースや天気予報はスマホで情報収集していますが、不自由ありません。

他の時間に使うことができて、時間の有効活用がしやすくなりました。

今思えば、漠然と番組やCMに時間が取られていたことが信じられません。

・まとめ

ミニマリストの実践を初めから1年経ちますが、今でも部屋の物を維持しています。

「本当に必要かどうか」と考える癖ができたので、厳選できるようになっています。

実践して良かったと思っています。

スポンサーリンク



-ミニマリスト
-, ,

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.