最低な人

最低の上司の下で病んだ話

20代前半だった5年前、私は最低の上司についていました。

当時は、転職して1年にも満たない頃でした。前職が仕事内容も人間関係も肌に合わず、身心の具合を崩し、這う這うの体で転職して、やっと心の安寧を手に入れた頃でした。

その上司は傍若無人で、自分についた社員を手足のように使いたがる人でした。

自分の要求は自分が口に出さなくても察してくれないとダメ、察せられないのは察せられない方が100%悪い、という、今思えば子供のような考えを持つ人で、なおかつ、自分の要求には何を差し置いても最優先で答えてくれないとダメ、という最低な考え方をしていました。

こちらが休日だろうと休憩時間中だろうとおかまいましに電話を鳴らす。

取引先に関する急ぎの仕事をやっている最中でも「俺の仕事を優先しろ」と無茶苦茶言ってくる始末。

しかも「仕事」と言いますが、「〇〇駅に迎えに来て」だとか、「〇〇買ってきて」というパシリみたいな内容も多いのです。

そんな人だから、彼についた人はみんな最初は頑張りますが、次々に脱落してきました。

上司が嫌すぎて、上司にしっぽを掴まれないように、ある日忽然と姿を消す、といった辞め方をする人も何人もいました。

そして、そんな上司付きのお鉢が、とうとう私に回ってきたのです。

私も最初はなんとか頑張りました。

上司も、自分の下についた人間が何人も何人も辞めていくものだから、さすがに最初は気を付けていたのでしょう。

無茶ぶりは多かったものの、私に物腰柔らかに接しようという態度が見えていました。

ところが、1か月もしないうちに最低な内面が露呈し始めました。

こちらがどんな仕事をしていようが関係なしに割り込んできて、怒鳴る、書類をデスクに叩きつける。

突然社外に呼び出して、到着に少しでも手間取れば、外に響き渡る声量で怒鳴る。

「お前、ちょっと(頭)おかしいよ」と言われたときには、思わず「おかしいのはお前の頭だ」と言ってやりたくなりましたし、今でも「言えばよかった」と思っています。

私は、そもそも病み上がりだったこともあり、またしても身心の調子を崩してしまいました。

それにやっと気づいた別の役員が、配置換えをしてくれて、私は上司から離れることができましたが、身心の不調はその後長く引きずってしまいました。

その上司は、会社発足当時からの古い社員で、他社に顔が広かったこともあり、それまで数々の問題行動も見て見ぬふりをされてきました。

しかし、会社が大きくなり、その上司がいなくても回るようになってから、ついに首を切られました。

なので、今は平穏な中で仕事ができています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

-最低な人
-, ,

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.