しくじり

安易に転職をしてしくじってしまいました。

安易に転職をしてしくじってしまいました。

私が、私の半生でしくじりをしてしまったのは、やはり、安易に転職をしてしまったことでありました。

私は、転職をするにあたりまして、周りが「嫌だったら転職したら良い」と安易に考えてしまうなかで、その行動に便乗してしまったことが、私の中での「しくじり」であったと考えております。

よく思いますことは、なぜこうもアッサリ転職してしまったんだろう?と言う後悔でありました。

・公共職業安定所に後先考えることなく行ってしまった。

私が前職である介護福祉施設で転職を考えるようになった動機は、やはり、夜勤の回数が増えて、あまりにも忙しい環境に従事している中で、「私は、何をやっているんだろう」と、あまりの忙しさに、遣り甲斐等が私の中で失われつつある状況でありました。

嫌な入居者の方に当てられて、嫌味ばかりを言われる毎日で、更に、私の周りの先輩の職員や同期が辞めて行く中で、「私も転職したい」と思うような状況になっておりました。

この時に私が失念しておりましたことは、「もう少し会社に留まってみる」と言うことでありました。

もう少し今の会社に留まり続けることによりまして、社内人事も変わりますし、そうなれば、対人関係等も緩和されるのではないか?と言うことでした。

しかし、もう私は一度思ってしまえば、思い込みが激しい状況でありまして、考える余裕が全くないまま、突っ走ってしまうことをしてしまうような性格でありました。

すぐに公共職業安定所に後先考えることなく行ってしまいました。

・思い切って転職

この時に私が、「しくじり」を犯してしまっているとは考えることもしませんでした。

そして私が、会社に隠れて転職活動を実施している中で、同じ介護業界で就職が決まり、所属先の上司に打ち明けました。

そうしますと、「事業所を変えてあげない訳でもない」と言う上司の慰留の言葉を遮る形で、思い切って転職してしまいました。

・まとめ

しかし、転職先の介護業界も、結局似たような状況でありまして、むしろ、中途採用扱いで給料が初期化される形になりましたので、条件が変わらず、給料が下がってしまうと言う形になってしまいました。

このような状況に「結局私は何をやっているんだろう」と言う思いでありました。

これであれば転職をせずに、所属していた事業所長の言う通りに、事業所を変えてもらえば良かったと後悔しました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

-しくじり
-,

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.