ミニマリスト

ミニマリストを目指すと心も人生も変わります!

私は自分でミニマリストと名乗っていいのか分かりませんが、かなり物の少ない生活をしていると思います。

例えば、この冬のトップスは黒のタートルニット1枚で過ごしました。黒のニットなら、ちょっとしたおでかけも普段の買い物も、どちらにも合わせられます。

家で仕事をしているため、外出するのは週に2、3回なので、これで事足りてしまったのです。

もちろん寒さに合わせてカーディガンやコートは羽織りますが、我ながらよくやったな、と思います。もしかしたら、人にはいつも同じ服と思われているかもしれませんね。

でも、それが本当に気に入っている服なら、そのイメージが定着するのはむしろ嬉しいことです。

ミニマリスト志向になって3年が経ちますが、困ったことはほとんどありません。

強いて言うなら、下着が少なくて旅行のときに不便だったことくらいでしょうか。(これもお風呂で手洗いすることで解決しました。)

物が少なくなると、気持ちがすごく楽になります。モヤモヤしていたものが一掃された気分です。

心がざわつくときは、大体机の中やクローゼットに物が溢れているそうです。それらを取り払うことで、悩みも一緒に捨てることができます。

また、部屋がスッキリすると、物を買うときも慎重になります。本当に必要なものか、熟考してから買うようになるため、まず無駄遣いはしなくなります。

トイレットペーパーやシャンプーのストックでさえ、安売りをしていても、今はまだあるからいいか、と思うようになるのです。

そして、今ある持ち物がとても愛おしくなります。ボールペン1本でさえ、気に入っているものしか身の回りに置かないので、大事なものなのです。

私はボールペンは、インクがなくなったら替え芯を買っています。全然高いものではありませんが、長年使った今でもいちばんのお気に入りです。

持ち物全てに愛着があると、忘れ物や落とし物をしなくなります。よく物をなくす人は、その物に対して意識がなく、上の空なのです。

愛着があると言っても、ボロボロになってもいつまでも持ち続けるというのとは違います。

ある程度まで使ったら「今までありがとうね」とお別れをして処分します。

どこまで使うかの見極めは人それぞれですが、時々客観的な意識を持つことは大事だと思います。写真に撮ってみるといいかもしれません。

普通に生活しているだけで、物は日々増えていきます。今も心が落ち着かないと感じたときは、片付けをして、部屋も心もスッキリした生活を心掛けています。

スポンサーリンク



-ミニマリスト
-, , , ,

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.