ミニマリスト

ミニマリストのクローゼット収納ルール

我が家のクローゼットはそれほど大きくないので、収納するものを厳選しないとクローゼットに納まりきりません。

クローゼットとは別にタンスなどの収納を使えばたくさんの服を持つことができるのですが、ミニマリストを目指す身としてはそれはしたくありません。

そのため、クローゼット収納にはルールを設けています。

ミニマリストになってから同じ服を何年も着るようになり、新しい服を購入することが少なくなりました。

しかし、どんなに丁寧に服を扱っていても何年も着ていれば服が傷んできます。

また、着ていて気に入らなくなることもあります。

お店に出かけて「かわいい、欲しい」と思う服もあります。

そのため、ミニマリストであっても服は購入をします。

購入をしても困ることが収納場所です。

ただでさえいっぱいのクローゼットなのに、新しい服はどこに収納しようか悩んでしまいます。

こういったことをなくすために、新しい服を1つ購入したら古いもの1つ捨てることをルールにしました。

これならプラスマイナスゼロで収納するものが増えることがありません。

着ていてもワクワクしない、着心地が悪い、同じようなものを持っている、似たようなものをいつでも購入できるといったことを目安に捨てています。

ミニマリストというと、とにかくものを少なくするというイメージを持っている人がいると思います。

しかし、私はそうは思いません。

たしかに、ミニマリストは持っているものが少ないですが、ものを少なくすることで本当に必要なものは何なのか、自分が好きなものは何なのかを知ることが、ものを少なくした先にあります。

だから、クローゼットの服もあまり着なかったり、古くなったりしたものでも、ワクワクするようなものは捨てずにとっておいてあります。

大学時代にバイトでお金をためて頑張って購入した服、大好きなおばあちゃんから誕生日にプレゼントされたマフラーなどは、今ではほとんど使うことがありませんが、見るだけでワクワクしたり楽しいことを思い出すので捨てずにとっています。

逆に嫌な思い出があるものは、どんなに高かったものでも捨ててしまいます。

それを着たときには悪いことが起こった、彼氏に振られたときに着ていたといったものは、見るだけで気分が暗くなります。

こういったものは、どんどん捨ててしまいました。

クローゼットがいっぱいだったときは、開けるたびにうんざりしていました。

しかし、ワクワクするものを残してすっきり片付いたことで、クローゼットを開けたときにワクワク楽しい気分になるようになりました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

-ミニマリスト
-, ,

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.