しくじり

優しい彼に振られたしくじり

私がしくじったと思ったのは、優しい彼に振られたことです。
その彼には、振られることはないと思っていました。
優しいので、ついそんなふうに安心しきっていたのです。
ところが、数ヵ月後あっさりと振られてしまいました。
ここでは、その優しい彼に振られてしまった私のしくじりについてお話します。

・前の彼を引きずっていた

私はその優しい彼に会うまでは、前の彼のことを忘れることができませんでした。
前の彼とは、嫌いで別れたのではなかったのでよりその思いが残っていたのです。

・彼に告白された

そんな時、友人から紹介されたのが優しい彼でした。
友人と一緒にきていて、私はなんとも思わなかったのです。
ところが、数回会ううちにいい人だなと思うようになっていました。
そんな時、彼に告白をされたのです。
私は好きな人もいないし、そのときはなんとなく付き合う事になりました。

・いつも前彼のことを話していた

その彼と付き合っている間も、前の彼のことが忘れられませんでした。
彼と一緒にいても、前の彼のことを話すこともあったのです。
その時、普通の人だったら嫌になると思うのです。
ところがその彼は違っていました。
その私が話すことを、しっかり何も言わず聞いてくれたのです。
とにかく優しい彼でした。

・わがままばかり言っていた

私のことを好きと思っていたので、私は彼に対してわがままばかりいっていました。
そのようにいっても、別れることはないと思っていたのです。
どんなことをしても、許してくれると思っていました。
そのことから、夜遅くに電話をしたり、職場に電話をかけたりすることもありました。
彼のことを困らせることばかりしていたのです。

・彼は許してくれた

そんなわがままな私でしたが、彼は許してくれていました。
いつも笑っていて、不機嫌になることがなかったのです。
その時、私も少しづつ好きになっていきました。
優しいところが、たまらなくいいと思うようになったのです。

・別れを切り出された

そんな気持ちが安定してきた中で、あるとき別れを切り出されてしまいました。
その理由としては、私について行けないというのです。
私のわがままに、彼は何も言いませんでしたが疲れていたのです。
そのことを言われて、始めて彼の存在の大きさを知ることになりました。
悲しくて仕方がありませんでした。
その気持ちを伝えるべきだったのに、それはもう遅かったのです。
これは、私の人生におけるひとつの恋愛しくじりです。

-しくじり
-

Copyright© 日々新たに , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.