ミニマリスト

必要最低限の服しか持たないミニマリスト

今の私は必要最低限の気に入った服しか持っていませんが、昔の私はというとタンスにもクローゼットにも衣装ケースにもいつも服があふれていました。
今のようなミニマリストになるとは、全然考えられない生活でした。
私は実はあまりおしゃれが得意ではありません。
なので、若い頃はそれを補うように、ほどほどに気に入った服があるとまずは購入し、後から服の組み合わせがいろいろとできるようにと考えていました。
ですが、もともとおしゃれは苦手なので、手持ちの服が増えても結局コーディネイトに苦労することに変わりなく、服が増えるごとにストレスが増えていくような気がしていました。

そんな私も、結婚し子供が生まれ、そうすると今度は子供たちの服も管理しなければならなくなりました。
子供の服は成長するとすぐに着られなくなり、もったいないものですが、幸い私のところでは妹から順番にいとこのお古が回ってきました。
どれもきれいな状態でとても助かりました。
ただひとつ、やはりストレスになったのはその量でした。
子供の服は男の子用と女の子用、サイズも様々で、妹は私と違い本当におしゃれ好きなので、いろいろなタイプの服が送られてきました。
そうすると、我が家ではさらにタンスやクローゼットからものがあふれてしまい、私のストレスはどんどん増していきました。

そして「あ~、もう本当に疲れた。」と思っていたとき、娘が「お母さん、私は私の好きな服しか着たくないから、着ない服は誰かにあげちゃって!」と言われたのです。
それを聞き、「ん? 私も本当は好きな服だけ着たいのに、なんでこんなに服をあふれさせてイライラしてるんだろう?」と思いました。
そして、そこからは早かったですね。
服を処分するのはもったいないと思ったのは最初のうちだけで、あとは思い切って大胆に処分を始めました。

まず、買い取りをしてもらえそうなものは全部まとめて引き取ってもらいました。
あまりお金にはなりませんでしたが、私は満足でした。
それから、まだきれいで人に着てもらえそうなものはあちこちに配って回り、最後に人にあげるあてもないものや古いものだけ資源ごみに出しました。
思い切ってやってみて思ったのですが、人はそんなに服を持っていなくても暮らせるものなのですね。
服にふり回されることがなくなり、たとえいつも代わり映えしなくても本当に自分の好きな服だけを着ていると、自分の心は満足して穏やかです。
こうして私は服のミニマリストになりました。

-ミニマリスト
-,

Copyright© 日々新たに , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.