トラブル

不登校で引きこもりのトラブル

我が家には、中学時代にいじめに遭い、不登校で引きこもった妹がいます。

不登校と引きこもり、これが必ずしも一緒になるとは言い切れませんが、みんなが学校に行っている間に何か出来るわけでもないので、部屋に引きこもることになります。

田舎だったので、近所の目もあり、家族間だけの問題で済むことが、近所の方の発言などでトラブルになってしまうこともありました。

学校に行けない不登校については、正直仕方がないかなと思います。

無理に学校にいき、いじめがエスカレートしてしまい、自殺などになってしまったら大変ですから。

今の時代ですと通信制高校なども多数あるので、進学に関して言えば、やる気の問題なのでそこまで苦労はしません。

近所の方が、あの家の子は学校にも行かずに家で遊んでいるという陰口を叩かれたことから、トラブルに発展しました。

他人の家のことなんてどうでもいいじゃないって今は思えますけど、当時は冷静な判断を出来る家族がいない、不登校児を抱えるというのは、そういうことだったんだと思います。

不登校だけですと、学校、家族の話合いで済みます。

しかし、近所の陰口だけの嫌がらせは、誰も取り合ってくれないのが現状です。

これが、ご近所トラブルで、騒音などの目に見えるような嫌がらせであれば、警察の方に相談に行けますが、それが出来ないのです。

つまり、やられっぱなしで、八方塞がりになってしまい、妹だけではなく、家族全体に嫌な空気が流れてしまいます。

また、何も言えないと言うことは、事実ではない噂が広がっていってしまうということもありました。

いじめがあったのは事実で不登校にもなりましたけど、自傷行為はしていないにも関わらず、そのような噂が立ってしまいました。

訂正することも出来ましたが、一軒一軒に訂正することも出来ないので、結局何もせずに時間が経つのも待ちました。

その間、1年半くらいでしたけど、本当に大変でした。

言葉は人を傷つけることも出来るというのは、教えてもらっていましたが、傷つけられても、誰も何もしてくれないということを傷つけられて学びました。

これが、学校などの教育的な場所なら解決策などがあったのかと思いますが、ご近所トラブルではどうしようでも出来ない。

ましてや、賃貸ならば引っ越しが可能でしたけど、持ち家だったので、引っ越しを考えることも出来ずに耐えるだけでした。

不登校でも義務教育だったので、卒業は出来たので、その後は、次第に収まっていきましたけど、時間が解決するというのは、先があるようで見えないので、本当に苦しかったです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

-トラブル
-, , ,

Copyright© 日々新たに , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.