辛い体験

事故の後遺症が原因の辛い経験

私は以前、酷い交通事故に遭ってしまい、頭をぶつけたことによって脳の一部が損傷してしまいました。

あまりにも酷い事故で、脳みそまでもダメージを受けたほどでしたので、一時期は命の危険もあったようです。

幸か不幸か事故の瞬間やその後の数か月間の記憶が私にはありませんが、主人からその時の私の状況などを聞くととても恐ろしくなりました。

でも幸いにも数か月後には意識を取り戻すことが出来ましたし、その後のリハビリによって体のほとんどの機能を回復させることが出来ました。

その事に関しては本当に心から感謝していますし、普通の毎日を過ごしているだけでも有難い事だと思っています。

でも退院した後の私の精神的な状態は不安定なものになってしまいました。

長い年月、いくつかの病院に転院しながらも入院していた際には、常にお医者さんや看護師さん、そしてセラピストさん達のケアを受けることが出来ていましたが、退院後にはそのケアをあまり受けることが出来なかったため、情緒不安定になってしまったのです。

でも退院後、最初の3か月ほどはリハビリや検査などのために、週に一度ほどは病院に通院していましたので、その際に何か体の異変や精神的な不安などについては相談することが出来ていました。

でも三か月後にはお医者様から状態が良くなっているので、もう通院する必要もないと言われて病院に行かなくなりました。

通院しなくても良いほど状態が良くなったということは嬉しかったのですが、それまでの長い年月、病院に入院したり、通院をしていましたので、全く病院に行かなくなるというのは不安に感じました。

そして体調が悪くなることも多くありましたし、事故の前に平気でやれていたことに時間がかかってしまったり、上手くやれないことも多々あったため落ち込むことが多くなりました。

そして気持ちが憂鬱になってしまう日が増えて行きました。

頭では「命があるだけでも有難いこと」と分かっていたのですが、ずっと心にもやがかかっているような状態で毎日、辛いと思いながら過ごしていました。

でもせっかく命を助けてもらったのだから、もっとポジティブにならないと、と自分に毎日、言い聞かせながら過ごしていました。

でもそう思えば思うほど、ネガティブな精神状態になってしまって本当に辛い毎日でした。

そしてそんなネガティブになってしまっている自分自身を責め続けましたし、必死でもがく毎日でした。

でもある日、そんな自分の辛い気持ちを主人に吐き出したところ、主人はお医者様から脳にダメージを受けてしまっているため、精神的に不安定になったり、うつ状態になる可能性が高いと言われていたということを話してくれたので、ちょっとスッキリしました。

今までに経験した事の無いほどの精神的な憂鬱さは私が精神的に弱いからではなく、事故の後遺症が原因だと分かってホッとしました。

それでもしばらくの間は自分の心の憂鬱さと戦う毎日でした。

本当にあの時期は辛かったです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

-辛い体験
-, ,

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.