トラブル

実家の敷地に転居してからのトラブル

家を新築する際に、夫の実家の敷地が広いのでそれをもらえるということでそこの敷地に家を建てたので、はじめは建物代だけで新築できると浮かれていたのですが引っ越してからはトラブル続きです。

まず、農村地帯なので平気でごみを燃やす人が近所にいるため洗濯ものを外に干すことができません。

畑や庭でところかまわずごみを燃すので、角地にある我が家は風向きによっていたるところから灰の被害にあっています。

燃やしている人が一人なら言えばよいのですが、古くからそうしているらしく新参者の私が言うと角が立つので言えずに結局は室内干しで我慢しています。

ですが、せっかくベランダを作ったのに布団を干せずにかなりのストレスです。

向かいの家が不燃ごみを燃やした際には、自宅の窓を開けて外出したすきに細かいすすが自宅内に入ってしまい、床や家電などすべてが真っ黒になりました。

さすがにそれは義父経由で注意してもらいましたが、田舎の常識は都会とは異なるためあまり強く言えずに困っています。

更に、自宅内にも自立をしない夫の兄弟がいて好き勝手にふるまっているのでトラブルが絶えません。

仕事をしているのかしていないのかもわからない状況で、義母が甘やかしすぎてその甘やかしは現在でも続いているのですが、しょっちゅう敷地内で騒音を出していてうるさくて仕方がありません。

同じ敷地なので、近所からは家族だと思われるのが当たり前ですが何度言ってもまともに生活をしようとしないので辟易していますし、夫に行っても不機嫌になるだけなので八方塞がりです。

又、私自身の親も毒親で以前賃貸に住んでいた時には絶縁していたのですが、私が無視しているので夫の母に取り入ってこの家とのつながりを保とうとしてきます。

私は実の母親から金の無心をされるので以前は多少のサポートはしてきましたが、現在では断絶しています。

しかし、そんな性格なので誰からも相手にされないのか私も連絡をとらないため、姑に貢物をもってきたり何かと敷地内に出入りしてきます。

以前の賃貸アパートだったら現在被っているトラブルのすべてはなかったですし、つくづく田舎の住みづらさや毒親の絶望感を覚えます。

人間関係は自分で整理することができるものだと思っていましたが、近所の人は選べませんし家族も同様です。

意外と、他人よりも家族の方が厄介ですし近所づきあいも田舎独特の陰鬱とした排他的なものなので、よそ者扱いでごみのことを言っても神経質な変わり者扱いをされて辛いです。

夫もモラハラ系なので相談できず、根本的な解決ができずにずっとトラブルがくすぶったままになっています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

-トラブル
-

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.