ミニマリスト

私が出会った最低な人

私が出会った最低な人は、前職の店長です。

私は、前職は某エステサロンの受付の仕事をしていました。

そこの店長が私が生きてきたなかで出会った、1番の最低な人でした。

どんなふうに最低かと言うと、とにかく場の空気を凍りつかせる発言といるだけで周りに威圧感を与えると言った具合です。

例えば、新しく入った新人のエステティシャンに「給料分働いてないよね?」とか「今日も給料泥棒しにきたわけ?」などと萎縮してしまうような発言を日常的にするんです。

また、他人の悪いところにばかり目がいく、店長としてお店をまとめて士気を上げていくと言うことがまったくできない人でもありました。

また、私は受付だったので「受付は楽でしょ」が口癖で日に何度も同じことを繰り返し言われて、正直、かなりのストレスでした。

さらに、毎回店長のお昼を買いに行かされていました。

たまに、店長のリクエストの商品が売り切れていた時は最悪でした。

売り切れていたのはどうしようもないことなのに、グチグチと悪態をつかれて、疲労困憊してしまうような状況でした。

そのため、店長が休みの日には職場の空気が良くなり、余計な神経を使わなくて済むので、忙しくても精神的な疲労感がなく、楽しく仕事ができると言った感じでした。

さらに、職場のみんなを困らせたのが勤務時間外でも時間関係なく送られてくるグループラインでのラインのメッセージでした。

特に、店長が遅番で閉店をする時は、必ずと言っていいほど誰かの些細なミスなどを送ってきていました。

ミスと言っても、廊下に水滴が落ちてたとか翌日に言えばいいような内容ばかりなのです。

他にも、店長の機嫌が悪い時に話しかけでもしたら、もう、大変なことになります。

怒りが爆発し、大声で怒鳴り散らすので、周りはお客様に聞こえたらとハラハラオロオロするなどと言うことは日常茶飯事でした。

そのため、お客様のなかにはそれを分かっていて、店長の休みの日に予約を入れる人もいるくらいでした。

店長としてと言うより、お客様相手の仕事をする立場の人間として最低限のことがまったくできていない人だったと改めて思います。

自分に甘く、他人に厳しく、ヒステリーな性格が外見にも出ていて人を寄せ付けないような、そんな人でもありました。

今は私は退職したので関係のない人ですが、風の噂で店長から降格させられたと聞きました。

まあ、さもありなんと言うか、当然と言う感じで驚きもしなかったのが正直な気持ちです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

-ミニマリスト
-,

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.