節約ブログ

貯金が生きがいな友人

兎に角お金を使いたがらない友達が居ます。

食事に出掛ける際には食べたいものよりも安い所を優先するため、お得なランチサービスがあったり、クーポンによる割り引きが実施されている所ばかりを選択します。

金額も千円を越えないように調整したり、ドリンクを頼まず水で済ませたりするので私も頼みづらくなってしまいます。

更には支払い方法でクレジットカードが利用出来ないお店だとポイントが無駄になるからと行きたがらないです。

そうなると候補にあがるのは大衆向けのチェーン店ばかりになってしまうので折角の休日に友達とのランチなのに何でチェーン店って思う時があります。

彼女は節約は好きですが奢られるのが嫌いな性格なので私がお金を出すからこのお店で食べようと言っても受け入れてくれません。

個人で節約を楽しむ分には何も文句はありませんが私まで巻き添えを食らうのは少し面倒です。

仲の良い友人と普段は立ち寄れないようなオシャレなお店でランチを楽しんだりしたいのにって思います。

食事以外においても彼女は節約を意識します。

ショッピングをする際にはスマホを片手により安い物がないのかを検索しながらお買い物するので、私との会話がそっちのけになったりして悲しいときがあります。

気に入った洋服があった場合には写真を撮り、ネットで似たようなデザインで安い物がないかを探してから購入したりするので異常に時間が掛かるのも特徴です。

お金は節約出来ているのかもしれないですが時間を無駄にするのは良いのかって疑問に感じますが彼女的には満足そうではあります。

学生時代はここまで節約に拘っていなかった子でしたが社会人としてお金を稼ぐ大変さを知った事がケチになった要因な様です。

貯金をするのが趣味な所もあるようで歳を重ねるにつれて身だしなみにもお金を掛けずになってしまっているのが不満です。

仕事を辞めたいからお金を貯めているのか、何かお金が必要な事があるのかと尋ねても無いそうなので今後彼女の節約行動が収まる気配も無いので不満です。

今は外に遊びに出掛けたり、ショッピングを楽しんだりは出来ていますが、その内外食は高いから自宅でご飯を食べようって言い出したりしないかって心配もあります。

実際、つい先日にはサブスクサービス(動画見放題、音楽聴き放題など製品やサービスの一定期間の利用に対してお金を支払う方法)で後々に見られるから映画館には行きたくないと言われたので付き合い方が今後変わってきそうです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

-節約ブログ
-, ,

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.