面白い

スーパーのアルバイトで笑えた話し

スーパーでアルバイトをしていて面白い出来事がいくつかありました。

私の担当はレジです。レジが混雑する時間帯は、お昼前や夕方など食事をする時間の少し前です。

この時間帯になると長蛇の列ができて、売り場の棚のあたりまで長い列ができてしまいます。

お客さんを待たせてはいけないので、列ができてしまったときは他の部門の人に応援を頼みます。

多くのスーパーやドラッグストアなどでは「レジの応援をお願いします」といったアナウンスが流れるのですが、私が働いていたスーパーではアナウンスが流れるのではなく、ロッキーのテーマソングが流れます。

アルバイトを始めたばかりのころ、この曲が流れたとき思わず笑ってしまいました。

仕事中だから笑ってはいけないと思うのですが「なぜロッキーのテーマソング?」と思って笑いをこらえることができません。

お客さんは普段聞き慣れているからなのか、まったく笑っていませんでした。

その状況がまた面白いです。

テーマソングが流れると、戦場に赴くかのようにパートのおばさんがやってきます。

普段はたよりないおばさんでも、ロッキーのテーマソングとともに現れると頼もしく見えました。

お客さんからときどき「この商品ありますか?」と質問されることがあります。

高校生のアルバイトの子が質問を受けていたとき、変わった受け答えをしていました。

そのお客さんは「わけぎ、ありますか?」と質問をしました。

わけぎとはネギに似た野菜の一種ですが、アルバイトの子はわけぎを知らなかったようでで「わけぎ」ではなく「わきが」と間違え、「私の脇は臭くありません」と答えていました。

「臭いニオイを好むお客さんなのかと思った、変わった趣味の人だ」と後から話してくれました。

誤植で笑ってしまったこともあります。

「ぐびなま」という商品があります。

この商品の値札が「くびなま」になっていたことがあります。怖いです。

「おひとりさま1点限り」とするところを「おふとりさま1点限り」となっていたこともあります。

太っている人は1点だけしか購入してはいけないのでしょうか。

カロリーが高そうな商品だったので、お客さんの健康のことを考えてこのような表示をしたのかもしれません。

パック入りされた魚は「いわし」「かつお」など魚の名前を表示するのが一般的ですが、「おさかな」とだけしか書かれていなかったことがあります。

何の魚なのかわからず怪しいです。

購入にためらいを感じてしまいます。

仕事自体は大変なこともありましたが、笑える仕事場でもありました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

-面白い
-, ,

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.