ローン

私の妊娠で住宅ローンの返済が厳しいです。

持ち家やマンションを購入する時には、ほとんどの方が住宅ローンを利用すると思いますが、言うまでもなくタイミング、つまりいつ借りるかはとても大事なことで、慎重に検討する必要があります。

基本的には、まずは「家を建てたい」という気持ちが湧いてきて色々調べるようになって、次にローンの金利を検討すると思います。

なかには住宅ローン金利が上がる傾向だから、上がる前に借りようと思う人や、逆に下がってから借りようと計画するかもしれません。

住宅ローンは借入額が大きいため、金利も非常に重要なのですが、最終的にはライフプランをしっかりと計画した上で、借りるタイミングを決めることを強くお勧めします。

私が家を購入したタイミングは、結婚して1年程経った頃でした。まだ子供もおらず、広い戸建が必要なタイミングではありませんでしたが、旦那さんと二人きりでフットワークの軽い時に、家を建てておこうということになりました。

そして、実際に家の契約を交わし、工事が始まってすぐの頃、私の妊娠が発覚しました。もちろんとても喜びました。しかし、すぐにマズイと思うようになります。

なぜならば、このままでは私は仕事を辞めなければなりません。派遣を転々としていたため、産休も使えず、辞職しました。

さて、家が建ってしまうと住宅ローンの返済が始まります。ちょうど、私が仕事をやめるタイミングと重なり、我が家の世帯収入が大きく減ってしまいました。

もともと大して裕福ではない状況の中、頭金に使用したため貯金はほとんどありません。旦那さんの収入から住宅ローンや出産費用、育児費用を賄わなければなりませんでした。

ローンの返済額は、共働きであれば決して無理のない貯金もできる範囲でしたが、予想よりも早く私が仕事を辞めたため、本当にギリギリの状況になってしまいました。

お金がないからと言って、子供に不自由させるわけにはいきませんから、自分達の食費をとことん切り詰めて、ひもじい思いをすることも頻繁にありました。

さらに、子供が成長し学校に行きだすとさらにお金がいるようになるので、その時に備えて貯蓄も必要です。

そんな生活をしていると、私も旦那さんも体重が落ちてしまい、頬もこけて見えるようにまでなってしまいました。

当たり前のことですが、住宅ローンを借りるときは、ずっと将来のことまでライフプランをシミュレーションした上で、余裕のある返済額を設定すべきです。

子供のことなど、家族計画もしっかりとしておかないと、私のようにかなり苦労することになりますので、気をつけてください。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

-ローン
-, ,

Copyright© 日々新たに , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.