ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

子育てブログ

子育てに関する苦労体験です。

投稿日:

子供を育てると言う事は日々親も成長していくと言うことです。

 

10カ月間お腹の中で成長していく我が子を検診を通して見ていくので大きくなっていくお腹が嬉しくてたまりません。

 

そして10カ月間長い間お腹にいた我が子が生命で誕生する嬉しさは計り知れません。

 

子育ての苦労は並大抵のものではありません。

 

まず小さいうちは流行り病にかかります。ほとんど幼稚園で移ってくることが多いのですがこの流行病は早いうちにやっておいた方が良いみたいです。

 

その間親も一緒に家で休むことになりますが子供と過ごせる最高の時間だと思って子供が体調が悪い時は親も休養すると思った方が良いです。

 

突然夜中に熱を出したりします。近所のかかりつけの小児科を探していた方が良いです。

 

かかりつけ医院がないと急な体調の変化で親子でオロオロしてしまいます。

 

小学生になるとかなり体も大きくなりますので体力もついてきます。

 

病気をするのはやはり幼稚園の頃がピークです。

 

夜の授乳は母親にとって大変な苦労があります。夜泣きがひどいと1日中寝ていられません。

 

私は昼間は母乳にしていたのですが夜だけはどうしても夜泣きが耐えられませんでしたので粉ミルクと母乳の混合にしていました。

 

夜の授乳がかなり辛くていつまで続くんだろうと思っていました。

 

離乳食が始まった頃には夜の授乳もなくなりました。朝昼夜離乳食を食べることで良く寝ますし夜中きも無くなりました。

 

こうして日々成長していくのだなと思いました。授乳がなくなると本当に楽です。

 

そして離乳食が始まってから1人遊びをするようになります。この頃から子育てが本当に楽になったなと思いました。

 

小学校に入った頃バスケットボールのチームに入りました。週末はおにぎりと水筒を持って遠征に行きます。

 

親も交代でついて行きます。

 

この頃から顔つきもしっかりしてきて赤ちゃんだった頃が嘘のように思います。

 

おにぎりを5つ持って行きした。おにぎりの中身はたらこや昆布、唐揚げマヨネーズシーチキンマヨネーズミートボールです。

 

高カロリーですがペロッと食べてしまいます。

 

親も我が子のために一生懸命です。

 

1番大変だなと思ったのが夏休みの工作です。夏休みの最後の方に親が手伝うのが大変でした。

 

廊下に飾ってある作品は親の作品だなと思いました。それはほとんどの親が手伝っているからです。

 

親子の時間は大変大切です。これからも親子で助け合っていきたいです。

 

スポンサーリンク



-子育てブログ
-, , , ,

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.