ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

子育てブログ

子供が幼稚園に通っていたときに通園を嫌がったことには苦労をしました。

更新日:

子供を育てていて大変だと感じたことはたくさんありますが、幼稚園に通っていたときに通園を嫌がったことには苦労をしました。

子供は保育園に通っていなかったので、幼稚園に入る前はずっと家で私と一緒に過ごしていました。近所の公園で友達と遊ぶこともあるのですが、人見知りが激しい子で友達と遊ぶよりも一人で遊んでいることが多かったです。

このように、これまで他人とかかわることが少なかったからか、私との結びつきが深くなってしまったからなのか、幼稚園に行くときにいつも「嫌だ、嫌だ」といって泣いていました。

スクールバスで通っていたのですが、通園を嫌がるのでなかなかバス停にまで行ってくれず、スクールバスに乗り遅れることがよくありました。

スクールバスに乗り遅れたときには、徒歩で子供を連れて幼稚園にまで行きます。私は車を運転できないし、泣いて暴れる子供を自転車にのせて走るのは危険なので、徒歩で幼稚園まで送っていたのです。

大人なら無理なく歩ける距離ですが子供には疲れてしまう距離なので、子供が疲れたら私が抱っこして連れて行くこともありました。

こんなことがしょっちゅうなので苦労をします。

嫌がる子供をなだめたり、幼稚園まで歩いて行って帰ってくるときも歩いて疲れるし、その時間は家事や買い物などやらなければならないことができず、苦労の連続です。

近所の子を見ていると嫌がることなく幼稚園に通っていて大変そうには見えないのですが、子供を実際に育ててみると苦労ばかりだなと実感をしました。

通園を嫌がっていたのは幼稚園に通い始めて半年くらいの間で、どんなに泣き叫んでも最後には幼稚園に行かなければならないことがわかったからなのか、スクールバスに乗って幼稚園に通ってくれるようになりました。

おかげで家事などができるようになり、幼稚園まで歩いていく必要がなくなったので体力も温存することができ、少し楽になりました。

ただ、幼稚園に行くことには不安があるようで、いつも大切にしているぬいぐるみやタオルを幼稚園に持って行っていました。

まるで赤ちゃんみたい、と思うこともあるのですが、幼稚園に通ってくれるなら良しとしてこのことは指摘せずにいました。

幼稚園の先生は気にしていたようですが、私にとってはたとえぬいぐるみなどを持っていたとしても、幼稚園に通ってくれているだけで大きな進歩でうれしいことです。

小学校に通うことも嫌がったのですが、幼稚園のときほどの苦労はありませんでした。幼稚園のときがとても苦労をしました。

スポンサーリンク

【こどもチャレンジ】

-子育てブログ
-, , , ,

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.