ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

節約ブログ

30歳のときには貯金1000万円 私の節約生活の体験談

更新日:

私は過去にかなりドケチな生活をしました。一人暮らしをしていたのですが、少しでもたくさん貯金がしたくて、節約をしていたのです。

節約をするというのは当たり前の話ですが、そんなレベルではなく、友達にも「良くそんな生活しているよね」というような感じです。

一日だいたい100円から150円くらいでの食費だったと思います。朝は食パンと目玉焼き、昼は自分で弁当を作る、夜も自炊です。

こうやって自炊をすると考えるとすごく大変なように感じますが、使うものは小麦粉やうどんなどがほとんどで、肉は買ってもせいぜい鶏肉です。

小麦粉でお好み焼きを作って、一度作ったら冷蔵庫に保存して3日間かけて食べたりしていました。

また、うどんが好きなので、一週間に3回はうどんという夕食です。お昼もから揚げを大量に作ってから揚げを入れたり、安い卵を使うなど安い食材ばかりでお弁当を作っていました。

一ヶ月の食費は5,000円程度です。もちろんお菓子なんて買わないですし、アイスクリームなども買いません。ジュースも買わないので余分なものは徹底的に排除していました。

ただ、甘いものは大好きなので、たまにご褒美で自分でお菓子を作っていました。ですが、さすがにたまに贅沢がしたいので、一ヶ月に一回の給料日だけ外食をしてすきなものを食べるということをしていました。

これが私が節約生活を続けられたモチベーションになっていました。

また、生活もそのドケチぶりを発揮していました。基本的に冷房は使わない、冬は寒いときはコタツだけでしのぐという方法です。そのため、電気代もかなり安く月に3,000円くらいでした。

また、ガス代もお風呂を沸かすのは土日だけと平日はシャワーで過ごすということをしていたらこれも3,000円くらいですみました。

冬場は水がどれだけ冷たくてもゴム手袋をつけて洗い物をしていました。このようにドケチな生活をしていたので、生活にかかるお金は70,000円くらいでした。

当時は月に180,000円お給料をいただいていたので、だいたい8万円から9万円の貯金に成功していましたね。派手な遊びもしないので、お金がたまる一方でした。

そして、30歳のときには貯金1000万円ためることに成功しました。元々趣味は貯金だったので、お金をためられるのがすごくうれしく、お金がたまるのがワクワクしてたまりませんでした。

スポンサーリンク



-節約ブログ
-, , , ,

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.