ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

貧乏

ローン会社から届く返済の手紙にキャッシングに手を出した事を後悔しています。

更新日:

介護・福祉関係の仕事をしていましたが、もらい事故で両足と首がムチ打ちになってしまい、しばらく休養していました。

すると、施設から退職勧告を受け、無職になりました。事故の相手方から頂いた保険金でなんとか生活していましたが、貯金はどんどん減っていき、そんなところに自動車税の請求や車検の経費がかさみ、親に借金をして、なんとかやりくりしました。

でも、借金をした翌月には「お金、返して。」と、私に蓄えがないのを知っているのに、母が手を出してきます。「仕事をしてないのだから、お金がある訳ないでしょう。」と反論すると、「私だって、あんたの借金を返してもらわなきゃ、生活できないのよ。早く返して。」と詰め寄ってきます。

しかたなく、キャッシングで母からの借金は返す事にしました。仕事をしていた時は、息子を連れて、あちらこちらの店にしょっちゅう食べ歩きをしたり、若者向けの服を何枚も買ってあげたりしていたのですが、無職になった今は、自分の日用品とタバコ代を捻出するのが精一杯です。

息子が「しばらく寿司も食べないね。」「しばらくピザも食べに行かないね。」とこぼすのを聞くたびに、私の経済力の無いことに惨めになります。

また、私は持病があり、医療費がバカになりません。毎月大腿骨の人口股関節のアフターケアのために約1万円、2ヶ月ごとに肝硬変の治療や検査のために4万円は飛んで行ってしまいます。

毎月コツコツと貯金をしていますが、とても自分のお金だけでは足りず、その度ごとにキャッシングのお世話になっています。

仕事をしていた時は、毎日化粧をしていましたが、「化粧品から節約しよう。と考え、どこかに出かける時以外は、ノーメイクでいるようになりました。

朝の洗顔と基礎化粧品のお手入れも省くようにしました。仲良しの美容部員さんに会うと、新しく出た化粧品を買わされるので、化粧品が無くなったときは、母に買ってきてもらうようになりました。

髪の手入れも、それまでは高価なシャンプーやコンディショナーを使い、頻繁にトリートメントをしていたのですが、シャンプーもコンディショナーもスーパーの特売品になり、トリートメントも月に数回になりました。

美容院に行くお金が無いので、自分でカットしています。服も買うお金が無いので、仕事をしていた時に着ていた服を普段用におろしたり、どうしてもという時には、インターネットで安い物をなんとか見つけ出して買ったりしています。

ローン会社から毎月届く返済の手紙に、「ああ、こんな生活いつまで続くんだろう。」と暗くなります。自分でキャッシングに手を出すのがいけなかったと、今でも後悔しています。

スポンサーリンク

【こどもチャレンジ】

-貧乏
-, , , ,

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.