ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

貧乏

義母が私たちの貯金をすっからかんに使い込みました。

更新日:

貧乏生活ですが、いまでも生活苦しいのは変わりないですが、2年ほど前その日食べるのがままならないぐらいどん底でした。

子供4人にお腹に一人、私たち夫婦で、そのうえ同居の母がいたのです、夫の母です。

それが最悪の親で、仕事をしてるのですが、とにかくすべてだらしがありません。そうした母が私たちの貯金を自分のお金みたいにすっからかんに使い込みました。

そして内訳ですが、同居する前親がすんでた賃貸マンションの滞納や電気代ガス代など公共料金の支払いやお寺の納骨の年会費滞納代金などで、すべて滞納してるものの支払いで、合わせて数百万で、コツコツ少ないながら貯蓄してたお金です。

夫も地方行くことが多く、私は小さい子とお腹に子がいて、銀行関係に行くのが大変でして、家の支払いは母にお金を渡しての生活でした。そうした母の全財産使い込みに、住んでた家の家賃まで滞納してたのです。

電気、ガスなどが止まらない程度に、滞納しては払いを繰り返していたみたいで、夫に自分の滞納してることを知られたくないといってます。

しかし同居してることもあって手紙などはすべて局留めにしていました。ですが、内容証明が裁判所から母あてに来るようになって滞納の事実分かったのです。

そして、名義は夫なので大変といったことで夫が滞納分の家賃を払いに銀行に行ってみればお金が残ってなかったのです。

そして私も結婚で夫婦同じ口座に一緒にしていたので私たち夫婦の貯金がすべてなくなりました。

これが3度目で、だらしない母で夫の弟が私たちが結婚した頃一緒に生活してましたが、同じことで家を出てしまいました。

私たちはすんでる家の家賃の支払いをしなくてはならず、その月の給料から滞納分の家賃全額を払ったのですが、今度はわたしたちの生活費が底をつきました。

小さい子もいて、納豆、ふりかけご飯にもやし、卵を炒めたものなどを食べ、赤ちゃんのおしりふきもないので着れない洋服を切ってあたたかな湯で温めて使いました。

妊娠していても痩せていたあたしを心配して母が夫の母との別居を提案してくれて、私たち夫婦、子供たちに家を用意してくれたのです。

退去費用、新たな家の入居費用もわたしの母が支払ってくれて今なお貯金ないので貧乏暮らしですが、その頃明日食べるものや、子供のパンパースを買えないときに比べれば貧乏のうちに入らないのかもしれないです。

スポンサーリンク

https://business.xserver.ne.jp/

-貧乏
-,

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.