ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

ニュース

男子バスケットボールオリンピックへ向け大前進

更新日:

東京でオリンピックが行われることは開催国ですので、オリンピックの種目全ての競技は日本代表としてオリンピックに出れると考えている人は少なくないでしょう。

しかし、実際はあまりにも弱い競技ですと開催国枠にもはまらずにオリンピックに出れないのです。その代表となるスポーツが男子のバスケットボールです。

男子のバスケットボールは弱く、オリンピックはもちろんですがワールドカップにも出場できていません。

オリンピックは1976年のメルボルン大会、世界選手権も開催国であった2006年は出場できていますが、実質は1976年以降実力で国際レベルの大会には出場できておりません。

身長の高い人が有利で肉体的に接触の激しいバスケットボールでは日本人のように背が低いと不利でした。

2019年中国で開催されるワールドカップのアジア予選がスタートしていますが、当初は初戦から4連敗して最下位でしたが、その後、日本代表のがんばり目覚しく8連勝し、ワールドカップ進出をついに決めました。

しかし、なぜ、弱かったバスケットボール日本代表が実力でワールドカップに出場できるレベルになったのでしょうか。

それにはいくつか要因があります。そのひとつバスケットボールのプロ化があげられます。

実業団と一部のプロ化したチームが別々にリーグで戦っており、国内でも分散していたバスケットボールリーグを統一したひとつのプロリーグ、Bリーグが出来たこと。そして外国人選手の日本への帰化です。

外国人選手が日本代表として活躍していることも大きな要因です。

また、八村塁、渡邊雄太のような海外で活躍している選手が日本代表に加わりプレーしていることも非常に大きな理由のひとつです。実際に四連敗した後の連勝はこの2人が参加してからです。

パワーがなくインサイドが弱い、身長が低くリバウンドが取れないといった問題がこの2人の参加によって解消されたのが大きな原因です。

2月24日の日本時間で深夜11時30分からのカタールでの試合はアウウェイで、八村塁、渡邊雄太の2人はアメリカのチームのリーグを優先しているため、アジア予選に参加できない状況でしたが、危なげない試合運びをみせ96-48のスコアで勝利を収めました。

この試合で勝ったことによりワールドカップ進出を決めました。ワールドカップは8月31から中国で行われます。また44年ぶりのオリンピックの出場に向け大きな前進をしました。

スポンサーリンク

【こどもちゃれんじ】


-ニュース
-, ,

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.