ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

ニュース

競泳の池江璃花子選手の白血病公表について

更新日:

2020年東京オリンピックまであと1年に迫っている中、2月12日に衝撃的なニュースが飛び込んで来ました。競泳女子エースである池江璃花子選手が、SNS上で自身が白血病と診断されたことを公表したのです。

オーストラリアで行われていた強化合宿中に体調不良を訴え、緊急帰国後に検査を受けて白血病という診断結果が下されたとのことでした。

池江選手はわずか18歳の高校生、競泳女子のエースとして東京オリンピックでの活躍も大いに期待されている選手の1人です。

そんな若くて実力も兼ね添え、周囲からの期待も大きい選手が白血病となった事実は、日本だけでなく世界中に激震をもたらしました。

公表直後から海外の競泳仲間や著名人など励ましの声が多く寄せられており、池江選手本人も治療に前向きに取り組む姿勢でいます。

白血病は「血液のがん」とも呼ばれているため、「白血病=不治の病」というイメージを抱いてしまいますが、現在は医療技術の進歩によって不治の病ではなくなり、治る病気となっています。

実際に白血病を完治した日本の女優やスポーツ選手も存在しているため、治った人達が実在するという事実は今後の池江選手を大いに支えてくれるのではないでしょうか。

白血病と診断されたことによって池江選手が感じた衝撃や不安の大きさは計り知れません。しかしそんな中でも彼女は治療に専念し、病気を治すことを目標にして早くも戦い始めました。

そんな池江選手の姿に突き動かされ、現在骨髄バンクへのドナー登録の問い合わせが殺到しているとのことで、アスリートとしてだけでなく社会への影響力の大きさも思い知らされました。

「乗り越えられない壁はない」と力強く断言した池江選手の言葉は、彼女自身は勿論のこと、同じ白血病患者の方やそのご家族の方々にとっても大きな支えとなるのではないでしょうか。

そして白血病について正しく知り、少しでも役に立てないかとドナー登録を考えたり問い合わせるといった行動を自発的に起こしている人々が数多くいるということに、今回の白血病公表の意味を見出した気がします。

今まで無縁だと思っていた病気が、有名な若きスポーツ選手によって身近な存在へと変化した今回のニュースは確かにショッキングではありますが、それ以上に様々な方面に前向きな影響を与えたと感じています。

池江璃花子選手が一刻も早く病気を克服し、再びプールへと姿を現してくれることを心から願っています。

スポンサーリンク

この日に引越したい…でもいくらになるの?
好きな日の料金をまとめて比較!

引越し侍の予約サービス

-ニュース
-, , ,

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.