ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

ニュース

小4女児死亡の事件で思うこと

投稿日:

千葉県野田市の小学校4年生の女の子が、父親から虐待を受けて亡くなった事件については、亡くなった女の子のご冥福をお祈りいたします。
ところで、この事件で問題視され始めたのが教育機関の無責任さです。

私の経験でもそうですが、教育機関(学校の教師も含む)の人間というのは、子供や、うるさくない親に対しては何も考えてくれないんです。

いじめを受けて殴られたので押し返すと「けんか両成敗」ということで何もなかったことで片付けるし、不登校は親の責任で片付けるし、大きな犠牲者が出ないと何もしてくれません。

また、子供が学校に行けなくなったので、教育センターという別の施設に行かせたのですが、センターの建物が古いためか、センターを学校内に移してしましました。

学校に行きたくない子が行く施設を学校に移してしまったのです。幸いウチはもう卒業しているので問題はありませんが、後輩たちがかわいそうです。恐らく行き場が無くなった子供が出てくるでしょう。

話をまた事件のニュースに戻しますと、野田市教育委員会が亡くなった子供に「口外しない」と約束したアンケートを父親に渡してしまったとのことです。

教育機関の人間は、閉鎖的な環境にいるので、社会的な常識が欠如しているのです普通の会社なら秘密情報の漏えいを自らすることはあり得ません。あるとしたら、悪意を持っているごく一部の人間くらいです。

また、別の事件になるのですが、教育機関の人間は、パワハラ・暴力に対して問題意識があまりありません。

このように良き社会人を育てる機関が、社会的常識が欠如しているのですから、常識が欠如した大人が育ってしまうのかと思います。

社会人出身の教育者がなかなか教育機関に溶け込めないのも、このような理由だと思います。

教育機関は、どこかの相撲協会のように、自らを罰するような気持ちの引き締めをして欲しいと思います。

ただ、教育機関で責任感を持って仕事に当たっている教師が、過労で亡くなっている事実も目の当たりにしました。

教育機関だけでなく、国が予算を割いて、教師の質を高めるために給料を上げるとか、教師の数を増やす(現実は、減らしているのです!)などバックアップをするべきかと思います。

教育は国の根幹にかかわる案件なのに、国は、子供が減ったから予算を減らしているようです。どうも、やることが逆なような気がします。

また、マスコミも犯人捜しを楽しんでいますが、もっと根本的な問題点を追及して、社説として何かを訴えるべきだと思います。

スポンサーリンク



-ニュース
-,

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.