ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

貧乏生活

ポイントで食いつないだ日々

投稿日:

悪いことは重なるものなんですね。

めでたく離婚できたまではよかったんです。

そして、就職も決まりました。

ちゃんと収入を得て、子供2人を育てる見通しが立ったと喜び、人並みの生活環境を調えようと生活用品や子供のものを少しずつ揃え始めました。

車も不可欠な立地なので、リースをしました。

居候先である実家の両親にもあまり迷惑を掛けられないのでアパートに引っ越し、ここまではまずまず順調だったのです。

ところが、就職先の社長が脳溢血で倒れました。

意識不明とのことで、いきなり業務がストップ。

「どうなるんだろう」と不安を抱えながらも会社へ行き続けましたが、2ヶ月我慢して給料の未払いがこれ以上続いたら行き倒れると見切りをつけ、とりあえず派遣会社に登録しました。

母子家庭ですから就職して正社員でいることこそが安泰に繋がると頭では理解していたものの、就活に割く時間が惜しいのです。

派遣会社であればその日暮らしにはなるものの、収入の見込みが立つので敢えての選択。

ただ、これを続ければ続けるほどに蓄えが目減りしていきました。

特に困ったのが秋のイベントシーズンです。

子供達は学校の行事で何度もお弁当を持参することが度々ありました。

普段は給食なので心配ないのですが、お弁当となると子供も楽しみにしています。

「貧乏だからおにぎりと玉子焼きだけ」なんて言えません。

いま冷静に考えるときちんと子供に説明をしたら理解してくれたと思いますが、そのときは必死すぎて頭が回っていなかったのだと思います。

お財布の中身と相談し、家賃、光熱費、車のリース代、食費、子供の毎月の集金など。

収入から、これら固定費を差し引くと僅か数百円の残。

これではお弁当持参シーズンを乗り切れません。

そこでもう一度財布の中を確認したところ、ローソンのポイントカードを見つけました。

クレジットカード機能があるので保有していましたが、しばらく使う機会がなかったのです。

「たしかポイントが溜まっていたはず」とコンビニへ直行!

中には2,000円ほどのポイントが溜まっていました。

コンビニで食材を買うと割高なのはわかっています。

それでも現金が使えない以上、他に選択肢はありません。

アレンジできそうなサラダチキンや缶詰などをその都度手に入れ、なんとかお弁当持参シーズンを乗り切りました。

もう、疲労困憊。

日頃の節約は協力してもらうのは当然ですが、貧乏だからと子供達に肩身の狭い思いや恥を掻かせるのは避けたい一心。

早く以前のように安定した収入が得られるよう、いまはダブルワークへ切り替えています。

スポンサーリンク

人気ホテルが最大50%OFF

250社の予約サイトから料金を一括比較

お得な宿泊プランをご案内

www.trivago.jp

-貧乏生活
-

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.