ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

ニュース

大阪メトロ改装案に批判相次ぐのニュースに思う事

投稿日:

大阪メトロ改装案に批判相次ぐ。反対署名は1万3000人超 「写真を見て、目を疑った」とのニュースが大阪をざわつかせています。(アイキャッチ画像 改装案の1つ)

これは大阪市営地下鉄が民営化され発足した大阪メトロが、12月20日に複数の駅を大規模に改装する計画を発表した。

街を活性化させるため「新しい地下空間をつくる」として発表した改装案に対しての不安と反対の声が署名活動にまで発展していると言うものです。

具体的には、「大阪メトロによると、対象は御堂筋線の9駅と中央線の6駅。300億円を投じて、2024年度までに順次改装する計画だ。

新たなデザインでは、それぞれの駅を個性的に彩るとしている。例えば、大阪城に近い「谷町四丁目駅」は金の茶室に見立てて内装を金色にしたり、心斎橋駅は、ホームに大画面の電子広告を設置するイメージ案が出ている。」との改修案を朝日新聞が報じると「悪趣味」「派手」など不評の声が相次いでいると言うのです。

この案に反対している人の多くは、大阪の昭和レトロな雰囲気の残るビルが解体されたり、貴重な歴史的建造物が失われつつある現実に心を痛めている方が、中心となり行動を起こされた様です。

変わりゆく大阪に心を痛められているところに、この発表があり、心斎橋駅のあの昭和レトロな雰囲気がまた一つ消える可能性があると言った事に、反対の意思を表明されたものです。

このニュースには、大阪人としては一部共感できる所もありますが、それ以上に、何か変化を起こそうとすると、必ず誰かが反対すると言う昨今の風潮を強く感じさせられます。

市長が大阪市営地下鉄の民営化推進を訴えると、民営化されると安全性が懸念されると、国鉄の分割民営化の時代の様な主旨で反対意見が出たりもしました。

また東京の港区の南青山では、区の施設が建設される事が発表されると、特権階級意識丸出しで人を見下した様な意見が一部住民から出ている事が大きくテレビのワイドショーで取り上げられる等、何かをしようとすると誰かが必ず反対すると言う事がやたら多い様に思います。

しっかりと議論する事は必要でしょうが、日本人の心が何となく狭くなり、ギスギスした世の中になり過ぎている様に感じられ、そこに息苦しささえ感じる事もあるほどです。

もう少し、おおらかな気持ちで、流れに身を任せる部分があっても良い様に思うのですが、私のこうした考え方はおかしいのでしょうか?

皆さんはこのニュースや、私の考えをいかが思われるでしょうか?

スポンサーリンク



-ニュース
-

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.