ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

貧乏生活

私の貧乏体験です。

更新日:

私は毎日生活が苦しい為、金運を呼び起こそうとしています。トイレ掃除をしたりお風呂掃除、玄関掃除をしたり庭の掃除をしていますが、なかなか金運は訪れてくれません。

金運が訪れてくれるどころか夫がリストラになってしまって今まさに家計は火の車状態になっています。

現在私は子育て世代で子供が2人います。子供に当てる教育費や塾代がかさんでいます。習い事なども1人の子供が2つ習っていますので習い事代もバカにはできません。

私達家族が貧乏になったのには理由はありませんが、日々生活していくうちにどんどんお金がなくなっていきました。私達夫婦は共働きです。今までにも全然贅沢などをしてきてなかったのですが、子供の成長と共にどんどんとお金がなくなっていきました。

毎月給料日前になるとお金がなくなってしまいますので、実家の両親のところに遊びに行って何とかしのいでいます。両方の実家の両親のところに行きます。両方の両親も孫が来るのでとても喜んでくれます。

お金の大変さももちろんの事ですが孫の顔を見せるのも親孝行の1つだと思います。食べる物にも困る時があります。そんな時は実家に空のリックサックを持って行ってリュックサックの中に食べ物を大量に貰ってきます。初めは空だったのに帰りにはかなり重たくなります。私はこうして大ピンチをしのいでいます。

今年の夏休みに家族で旅行に行く話が出たのですがお金がないので両方の実家の両親のところに遊びに行ってなんとか旅行気分を味わいました。実家に行けば3食寝床付きなのでお金が全くかかりませんので家族にとっては有難い限りでいます。

私は生きる知恵を見出したように思います。お金がない時が多いので、今月はどうしようかを毎回考えます。本当に実家が近いと有難いです。私は両方の実家にレンタカーで行きます。最近では10分で100円のレンタカーができました。色々な物を頂いてくるのに車がないと重くて運べません。10分で100円レンタカーは私達家族にとって救世主とも言えます。

今はもう光熱費の節約等は当たり前にしていますしスーパーにも夜19時半以降に行って半額シールの貼ってあるものしか買っていません。それでも家計が苦しいので今後どうしたらいいのかを考えてしまいます。

もっと収入を増やさなければ今後の生活に支障が出てしまいます。自分も親にしてもらっていましたが家族を養うのは大変な事です。自分も親と同じように生活の苦しさを味わっています。

スポンサーリンク

年賀状印刷のおたより本舗

-貧乏生活
-

Copyright© 日々新たに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.