ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

ニュース

東名あおり事故の初公判が始まりました

投稿日:

2017年6月に起きた、「東名あおり事故」の初公判が横浜地方裁判所で、裁判員裁判として始まり、初公判が行われているというニュース報道があります。

この事故は、パーキングエリアで通路をふさぐ形で駐車していた車の運転手が、注意した方が乗車した車を、高速上を執拗に追いかけ、車間距離を詰めたり、進路妨害をしたりした結果、最終的に、高速道路上で二台とも停車しているときに起こったものです。

注意された容疑者の車が前に停車し、その後ろに注意した側の車が停車、注意された容疑者が降りて、注意した側の車のドアを開けさせ、口論になっているとき、後ろから来たトラックに追突され、結局、注意した側のご夫妻が死亡された、というものです。

裁判員裁判として、裁判が行われていますが、とても難しい判断になるんだろうと思います。なぜなら、容疑者の弁護側は、運転していないときに起こったことだから、危険運転致死罪にはならない、という主張をするということがわかっているためです。

危険運転致死罪というのは、どういうときに、罪として適用されるのか、というのはなかなか難しい判断なんだそうです。法的なことについては、素人には全くわかりませんけど、単なる感情面だけでいえば、この容疑者の方の犯した罪はとても重いのではないかと思うのです。

ですが、少なくとも、報道をすべて信じるのであるならば、注意した方は、容疑者に対して、正しい内容を注意しているわけであって、言い方はどのようであったのかは、定かではありませんけど、誤っていることをしているわけではありません。

加えて、その後の高速道路の運転に関しても、注意した側の運転に落ち度があったわけでもありません。やむをえず、高速で停車させられ、ドアを開けられ、文句を言われた、そのことによって、結果的に命を落としているわけであって、どう考えても、この容疑者の方がこのような行動をとらない限り、ここまでの事故は起きなかったのではないか、と考えてしまうからです。

もし、この容疑者に危険運転致死罪が問われなかったとしたら、どのような罪がこの運転手に課されることになるのでしょうか。検察側は、監禁致死傷の罪も問うようですけれど、これについても弁護側は無罪を主張する方針ということですが、ならば、ほんとにこの容疑者はどのような罪で裁かれることになるのでしょうか。

トラックの運転手が過失致死傷で書類送検になっていますけれど、あくまでもこちらは過失運転による致死傷ですから、重たい罪には問われないでしょうし、実際、トラックの運転手に過失はあったとしても、あくまでも過失だと考えます。

ですが、この容疑者に関しては、過失でもなんでもなく、悪質な言いがかりで、二人の命が奪われているわけですから、だれもが納得のできる罪で適切に裁いてもらいたいと思います。

スポンサーリンク

年賀状印刷のおたより本舗

-ニュース
-

Copyright© 日々新たに , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.