ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

ニュース

冬はフィギュアスケートのシーズン

投稿日:

今私の中で最もホットなスポーツニュースがフィギュアスケートのグランプリファイナルシリーズ第6戦のフランス杯です。羽生選手や宇野選手が出場しない大会なのでちょっと盛り上がりに欠けるかなと思っていたらニューヒロインの誕生となりましたね。

11月24日の女子フリーではショートプログラムでは残念ながらトリプルアクセルが回転不足となってしまった紀平梨花選手が見事逆転優勝を果たしました。これでグランプリシリーズ2勝となるのでファイナルへの出場が決定しました。

得点を見ても合計205・92点と素晴らしい得点だと言えますし、今年シニアデビューとは思えない滑りを16歳の少女が魅せてくれました。元々この選手の事はジャンプを得意とする選手として注目していたのですが、トリプルアクセルをマスターしてからどんどん実績を上げています。

ちなみにグランプリシリーズデビューのNHK杯はフリーでトリプルアクセル2本を決めて日本女子歴代最高点154.72点をマークし、合計224.31点でGP初出場優勝を果たしました。

特に女子の場合は15歳、16歳くらいの若手の選手が次々と実力者が出てきていますね。今の世界女王ロシアのザギトワもオリンピックで金メダルを15歳で獲得しています。あとロシアのジュニア女子であるアンナ・シェルバコワ選手は「4回転ルッツ+3回転トウループ+3回転ループ」という最難関コンビネーションを練習ですが跳んでいます。シニアデビューが楽しみです。

紀平選手にフランス杯は注目が集まりましたが、女子は日本勢の活躍が目立ちます。SP首位の三原舞依選手はフリーでは3位で合計2位本田真凜選手もSPでは自己ベストと魅せてくれましたが合計6位と残念ながらメダルには手が届きませんでした。ちなみに男子の方は田中刑事選手がフランス杯に出場していていましたが4回転サルコーが決まらず8位という結果でした。

そしてこのフランス杯によりGPファイナルに出場する6人の選手が決定しました。ロシアのアリーナ・ザギトワ選手、エリザベータ・トゥクタミシェワ選手、ソフィア・サモドゥロワ選手に日本からは宮原知子選手、紀平梨花選手、坂本花織選手です。つまり今年の女子グランプリファイナルはロシアと日本の一騎打ちとなります。それにしてもロシアは層が厚いなとシミジミ思いました。

でも日本だって負けてないですよね。男子では宇野選手がグランプリファイナルの出場を決めています。羽生選手は残念ながら足首負傷の為欠場となりましたが、じっくりリハビリに専念して来年の世界選手権頑張って欲しいです。

スポンサーリンク

年賀状印刷のおたより本舗

-ニュース
-,

Copyright© 日々新たに , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.