ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

貧乏生活

私の貧乏体験をお話しします。

投稿日:

私には子供が2人います。現在子育て真っ盛り中です。上の子供は大学に通っています。私立大学は一般家庭では行かせるのが大変な位高額です。年間150万円もの大金を支払います。

私は初めて大学費用で学資ローンの借金をしました。現在まだ1年生ですのでこれが3年間続くと思うと途方に暮れてしまいます。毎日節約もしていますが大学費用が高額な為、毎月赤字続きで家計は火の車状態です。

私達夫婦は副業もしています。夫は会社の帰りにパチンコ屋さんの閉店のお掃除のアルバイトをして帰ってきます。私は現在内職をしています。近所で段ボールを十字にしてどんどん織り込んでいくお仕事です。

1つの作業は1人ですが塵も積もれば山となります。私はこの仕事を1日に5箱程やります。内職は子供との時間も取れますしやればやる程お金になるのがいいです。こつこつと毎日努力をしてますが高額な大学費用の為、現在も赤字続きの家計でいます。貧乏生活はまだまだ3年間も続きます。今現在は学資ローンを返済するので懸命に内職とパートをしています。

1番に救われるのは子供の言葉です。私達夫婦が頑張ってるのを見て私の大学費用のせいでごめんなさいと言ったのです。一生懸命に頑張って勉強するからと言われた瞬間私はもっと頑張れるなと思いました。頑張りすぎて体を壊してしまったら大変ですので子供が言ってくれた言葉が親は原動力になります。

考えてみますとこれ以上頑張るのはやっぱり無理なような気がします。家計の事はあまり人には聞けませんが大学生を通わせている親御さんがどのようにしているのかが知りたいです。きっと私達と同じように苦しいと思います。

私は現在光熱費の節約はもちろんの事、スーパーに行くのは19時半以降と決めています。それは19時半以降に行くと半額シールが貼られるからです。ほとんどの食品に半額シールが貼られている為、少しでも家計が楽になる事を願って19時半以降のスーパーに買い物に行っています。

いつも大体1000円位の買い物で済んでいます。通常で買い物すると2000円〜3000円はすると思います。日中は私はパートに出ていますので光熱費は夜使う位ですのでそれほどかかっていません。私は大学費用はどうしてこんなに高いのだろうと思ってしまいます。大学費用のおかげで毎月苦しい生活が続きます。子供が大学に入ってから私達夫婦は心に余裕がなくなってしまっています。

スポンサーリンク

年賀状印刷のおたより本舗

-貧乏生活
-,

Copyright© 日々新たに , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.