ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

お薦めの本

『眠りながら巨富を得る』は私を高額納税者に変えてくれました。

投稿日:

私は生まれも育ちも裕福な方なのですが、心の中が貧乏な時期があったのです。心の中のことは外面に反映されるので、周囲にもそのように見えていたかもしれません。

服等にしても、お尻のやぶれたズボンを履いたり、靴下を片方バラバラに履いたり、また自販機の下に落ちた小銭を回収したり、他にもスーパーの試食コーナーに店員の見ていない隙に、試食のお肉や果物を全部食べるということまでしていました。

私としても、女性とは思えない行動と思っていますが、当時はどういうわけかそういう行動ばかりをしていました。すると、類は共を呼ぶと言うのでしょうか、同じような雰囲気の方が集まり、そこからはさらに活動的になり。ゴミに出されていた女性下着を、知人の変態男性に高値で売ったり、いやらしい本を見つけてきて、また知人の男性に売ったりという事もするようになりました。

そして、自分でタバコは買わずに、落ちているタバコを1度バラして、自作で作って売ろうとしましたが、これは売れませんでした。こういうことばかりしていたので、私は恋人も出来ずにいましたが、ある本に出会い、心の中が変わっていったのです。

丁度ゴミの中から本を探している時に、『眠りながら巨富を得る』(ジョセフ・マーフィー著)というタイトルの本があり、それをパラパラめくってみると、興味深いことが書かれていたのです。それは貧しい時期でも、心の中では豊かだと信じて、それをイメージして過ごすことで、本当にそのようになるのだと書かれていたのです。

当時の私は何でも信じる方だったので、躊躇せずにこの本の通りの事を実践していきました。その後、ある同姓の経営者との出会いがあり、経営を学ばないか?という誘いがあり、私はすぐにやってみたいと申し出ました。

その方はすごくお金持ちで、私もこのようになりたいと思い、私はその方の傍で経営について一生懸命学びました。ふと気づいた時、私は心の中がかつての貧しい時から、豊かになっていることに気づいたのです。

その時点では、まだ多くの収入があったわけではないですが、何故か心の中では、大金の山に囲まれている感じで、十分に満たされている気持ちが続きました。すると、しばらくして、その経営者の方の子会社の経営を、私に任して下さるという話になり、そこから一気に私の収入は上がり、現金一括でプール付きの家を建てれるまでに、なったのです。

心の持ち方次第で、貧しくも豊かにもなれるということを学ぶことができました。私は現在は、高額納税者の仲間入りですが、当時の事は良い経験となっています。あの頃この本に出会っていたから今の豊かさがあると感じています。

スポンサーリンク



-お薦めの本
-

Copyright© 日々新たに , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.