ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

ニュース

日本のハロウィーンは独自の道を進みつつある

投稿日:

31日のハロウィーンを前に27日夜から28日未明にかけて東京・渋谷では例年と同じく多くの人が思い思いの仮装をして繁華街やスクランブル交差点などに詰めかけ、大混雑になっているというニュースを見ました。

日本人はそもそもお祭り好きな国民性であり、それぞれが好きな仮装をして街を練り歩く楽しげなイベントのようにも思えます。

しかし一部では痴漢や盗撮などが発生し、参加者が車道を封鎖したことで車が通れなくなったり、参加者によって軽トラックが横転させられるなどの事件も発生しているようです。

秋になりハロウィーンのイベントが開催されるたび、楽しげなニュースとともにこの手の事件も一定数発生しており、日ごろのストレスのはけ口のような形でイベントを利用しているようにも思えて、参加者の人数を考えるといつか大きな事故につながるのでないかと心配になります。

全国各地で開催されている他のお祭りでもそうですが、ルールが守れなければ安全を担保することができず、老若男女だれもが楽しめるイベントとはいえません。

渋谷のハロウィーンイベントに関しては映像を見る限りでは混沌とした様子で、警察も行政も全てに対応するには手がまわらず、参加者を制御しきれていないように感じました。

また翌日になると渋谷の街に大量のゴミが残されているという映像も毎年のように放送され、残念な気持ちになるまでが恒例行事のようになってしまっています。

あるときから日本に入ってきたハロウィーンは少しずつ形態が変わり、独自の文化として良くも悪くも現代の日本を象徴しているような気がしました。

また別の場所では同じハロウィーンイベントとして派手な仮装ではなく、日常の一部分を切り取ったような地味な格好をして集まる「地味ハロウィーン」も開催され、話題となっていました。

格好自体に派手さはないものの、どこを切り取るかによってさまざまな楽しみ方ができる仮装ばかりで、心をくすぐられるような仮装も多くありました。

誰もが知っているキャラクターや定番の仮装ではないものの、誰もがどこかで見たような人や共感できる状況に仮装する様子は、他の国にはない日本独自のハロウィーンの楽しみ方のようにも思えました。

渋谷で行われているハロウィーンのイベントにしても、地味な仮装で楽しむ地味ハロウィーンにしても、外囲から来た文化が日本人の解釈や国民性と融合することで独自の進化を遂げていく様子は見ていてとても興味深いものでした。

スポンサーリンク


-ニュース
-

Copyright© 日々新たに , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.