ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

お薦めの本

黒本(四)は現代を生きる人の必読書

投稿日:

1:簡単な紹介文
以前、ハイパーメディアクリエーターで名を売っていた、高城剛氏のメルマガまとめ本?です。提供メディアは、キンドル版だけとなり、大手出版社を通さない半独自出版本です。ちなみにキンドルアンリミテッド対象なので、対象の方には是非ともお勧めしたい1冊です。他にも白本、赤本などシリーズが存在しています。黒本は、読者のメール質問に答える形式で記述されていますが、本の名称とおり、少しダークな回答も扱っています。例えば、芸能界の闇を切る問題から、日本全体のシステム構造までを一気に説明して、この国が如何に疲弊しているかを他国の見識から比べて紹介する様は圧巻です。しかし問題を指摘するだけでなく、個人の生き残る処世術を紹介する側面も持っていて読みごたえもあります。
2:あらすじ
読者からの質問には以下のものがあります。
・大麻を常習するとどうなる?
・AI時代に残る仕事とは?
・日本の芸能界のターニングポイントについて。
などなど多岐に渡るのですが、海外渡航が多くテックにも造詣が深い氏の回答がとても秀逸です。特に、日本ではタブーになっている、医療大麻についての回答は、現在の日本が海外の一線から、実はとても出遅れつつある事を教えてくれます。また、芸能界やテレビメディアの衰退も、以前はそこで寵児のように活躍していた氏の感慨深い回答が伺えます。
3:見どころ、面白かった点
私はテック系の話題が好きなので、回答の中で時々垣間見える氏の未来に関する発言が大好きです。遺伝子解析やナノテクが発達する中、人類は実は凄い所までやってきているんだろうな、というワクワク感を与えてくれます。まるで子供の頃に開いた未来図鑑を見た時の感覚が蘇りました。また、医療に関する情報も多く、積極的に予防を目指す、予防医療の話題から、実際に病気を抱えた際の検査や行動などを実はとても質問者を気遣って真摯に回答しているのも氏の本来の善性が垣間見えて価値ある本を読めたと思っています。

スポンサーリンク




4:感想
平成も終わり近くなり、確かに時代は変わっていると感じます。この時代の変遷に呼応するかのように本書が出て、それに出会えた事を私は嬉しく思っています。メルマガ本一冊で、大げさと思われるかもしれませんが、お薦めしたい本として紹介したいです。回答の中で散りばめてあるアイディアの数々は一朝一夕で取得できるものではりませんが、今後、この国が昭和~平成の繁栄を維持できない事は明白なので各個人が、それぞれの階層でサバイバルする必要があります。氏は本書の回答の中で静かに警告を発しているように感じます。

-お薦めの本
-

Copyright© 日々新たに , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.