ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

お薦めの本

『四畳半神話体系』を読んで感じたこと

投稿日:

私がお薦めしたい本は森見登美彦さんの『四畳半神話体系』です。ジャンルでいうとファンタジーに入ると思います。この『四畳半神話体系』は森見登美彦の二作目の長編小説となります。「私」は大学3回生、バラ色の学生生活を夢みていたのに現実はほど遠い。大学生活をやり直したい!迷い込んだ4つの平行世界で繰り広げられる青春ストーリー。新しいタイプのパラレルワールドものです。

『四畳半神話体系』は全体が四話で成り立っていて、第一話では主人公の「私」は映画サークル「みそぎ」に入って悪友「小津」と出会い、サークルの和気藹々とした雰囲気に馴染めないまま大学生活の二年間を棒に振ります。

第二話では「私」はアパートの真上に住む仙人のような先輩である「樋口師匠」の弟子となって「小津」と出会い、何の弟子かもわからないまま大学二年間を棒に振ります。(小津は多くのサークルや組織に所属している。)

第三話では「私」はソフトボールサークル「ほんわか」に入って「小津」と出会い「小津」の掌に踊らされて大学二年間を棒に振ります。

最終話では「私」は秘密機関「福猫飯店」に入り「小津」と出会い、謎の組織「図書館警察」の手先となって大学二年間を棒に振ります。入学から始まる二年間という時間の枠の中で話が横に並んでいます。

見所としては、あまりの屈折して偏屈なモノローグをものすごく知的な文体で書いている点だと思います。その中で呆れるほどのバカバカしさで青春を謳歌したい若者の煩悩を描いている点に私は面白さを感じました。

更に登場人物はいずれも主人公並みの存在感とキャラクターがありますし、会話や主人公の頭の中の思考はネジが飛んでいるかのごとくの捻くれたウンチクだらけで、しかしそのなかで語り口はどこまでも知的でテンポよく進んでいきます。

いかにも知性があり達観しているように語りながらも正直なしっぽを隠しきれていない主人公の「私」を始め、悪友の「小津」は無意味な悪の権化となって「私」の周りをちょこまか動き回って主人公の薔薇色のキャンパスライフをこれでもかと邪魔をします。

スポンサーリンク


主人公の憧れの「明石さん」は遠くから主人公の男心を射し貫き、主人公の真上には仙人のような「樋口師匠」が住んでいて、何の修行になるのかわからない課題を主人公達に課すします。その一つ一つのエピソードが実にくだらないのです。

主人公が薔薇色のキャンパスライフを目指しながらそれぞれ違った選択をしてその結果としての四つの物語を並行に走らせて、そこへ全く同じエピソードを挟み込んだり、程よく微妙にずらしたり、共通する仕掛けを各話に散らしたり、第一話で見せたものを別の回では角度を変えて出現させたり、四話構成を通じてようやく全貌が見渡せるように仕組んであるのも見所の一つです。

その中で登場人物は生き生きと動いていますし、舞台である京都の街が魅力的に立ち現れ、語り口は軽妙であって、あっという間に読み終わってしまいました。この小説を読み終わると無性に京都に行きたくなり、主人公達の生活の一部を体験してみたくなります。

-お薦めの本
-,

Copyright© 日々新たに , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.