ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

お薦めの本

涼宮ハルヒの憂鬱の紹介

投稿日:

お薦めしたい本は「涼宮ハルヒの憂鬱」という本です。

まずは簡単な本の紹介です。作者は谷川流先生で2003年に角川スニーカー文庫より発売されました。俗にいうライトノベルといわれるジャンルです。この作品は第八回スニーカー大賞の大賞を受賞した作品です。スニーカー大賞の大賞はこの作品が発表された当時は以前に二人だけしか受賞していなかった賞なのでその凄さがわかります。

あらすじとしては、主人公であるキョンは高校入学早々に涼宮ハルヒというかなり変わった少女と知り合います。そのことをきっかけにキョンの日常が、未来人や宇宙人、超能力者などと関わる超常となっていくというお話です。

次に見どころ、面白かった点を書いていきます。面白かった点の一つ目は、主人公キョンの視点から書かれる個性的な文です。口が悪く、斜に構えた皮肉などをいう様子はいかにも高校一年生といった感じが出ています。

また登場人物に対する描写シーンもキョンの思いが読み取れます。例えば、美少女とされているキャラクターの朝比奈みくるに対してはこれでもかというほどの美辞麗句が書かれます。他にも涼宮ハルヒに対しては、ハルヒを美少女と認めつつも少し悔しさを感じるキョンの様子が読み取れます。キョン視点で書かれる文には、どことなく知性を感じる表現や例えが出てきていてキョンという主人公のキャラクター性がよく出ていてとても面白いです。

面白かった点の二つ目はハルヒの恋心です。ハルヒの恋心の相手はもちろんキョンです。常にキョンに対して厳しく時には理不尽な行動や言動をするハルヒですが、その反面キョンを心配したり無意識に頼りにしたりしているシーンがあります。

また、キョンが朝比奈みくるなどにデレデレしているシーンなどでは嫉妬を感じているような描写もありとても面白いです。またこの恋心が物語の重要なカギを握っています。

スポンサーリンク

【考えないFXトレード】

面白かった点の三つ目は、タイトルにもある通りのハルヒの憂鬱です。ハルヒは物語開始以前からあることに関して悩んでいます。ネタバレになっていしまうので詳しくは言えませんが、その内容は誰もが一度は考えるような悲しい思いでした。それに対するキョンの回答とその答え方がとても胸に残りました。

最後に感想です。この本はとても面白く、またどこか懐かしい感じのする本です。ぜひいろんな人に読んでもらいたいです。

-お薦めの本
-

Copyright© 日々新たに , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.