ニュース、面白い本、貧乏体験談、幸せになる方法等を投稿していきたいと思います。

日々新たに

お薦めの本

マスカレードナイト

更新日:

今日お薦めしたい本は、東野圭吾さんの作品でマスカレードナイトです。マスカレードホテルの続編になります。

主人公は、新田さんという刑事がまた出ており、ホテルマンになりすまして事件の解決にいどみます。あらすじは、ある殺人事件が起きてその殺人事件の目撃者から匿名で警察にタレコミが入ります。そのタレコミというのが、犯人がホテルコルテシアで行われる年末カウントダウンパーティの仮装パーティーに現れるというものでした。

そこで、警察は、ホテルコルテシアの中に潜入して捜査を進めます。操作をしていく中で、次々とおかしな客が現れます。主人公の新田さんの相方だった山岸さんというホテルマンは、コンシェルジュになっていました。

その山岸さんのところにも沢山のおかしな人が訪れます。そして、それらが伏線になり物語のクライマックスへと移っていきます。物語の最後は、それまでの伏線が回収されていきます。

見どころや面白かった点は、やはり新田さんと山岸さんのやりとりです。すでに前作で一緒に働いているので信頼関係ができており、互いに協力をして色々な問題を解決していきます。

マスカレードナイトでも注目なのが、独特なお客たちです。不倫をそのホテルで普段から使っている人が、なぜか家族を連れてきているとか。名前を偽名を使い実際には、主人はいないのに夫婦を演じている女性など特色ある客が沢山出てきます。

それらの客に対して、おかしなところを見つけるのが新田さんです。そして、事件は、少しずつ謎が説かれていくのですが、その謎を解決していくのにホテルマンに扮している新田さんは、刑事で外周りのできる人の協力を得ながら進めていきます。その二人の推理というのがまた面白いです。

そして、なんといっても魅力的なのが、ラストシーンです。いくつにも重なったそれまでの伏線がきれいに回収されていきます。そして、マスカレードホテル同様、山岸さんの身が危険になり、読んでいる側としてはどきどきしてしまいます。そして、あざやかに問題が解決されていくところが、とても見どころになっています。

感想としては、このマスカレードナイトというのはホテルが舞台で色々なことが起きてきます。その中で、ホテルのフロントでの対応だったり、部屋の様子だったり見えてくる景色だったり、レストランの風景だったり、一流ホテルの雰囲気を読みながらですが満喫できるところがいいところだなと思いました。

-お薦めの本
-,

Copyright© 日々新たに , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.